出産祝いのお返し・内祝い

内祝いって何?

出産祝いを頂いた方へのお礼として贈るものが内祝いと言われています。

元々、内祝いは子供が生まれたことを報告するためのお祝い行事のひとつで、親戚、友人、近所の方々へお祝いの品を配っていたそうで、その内祝いを頂いた方々が出産祝いをもってお祝いに駆けつけていたようでした。 今と逆になりますね。

近年では出産祝いが先で、そのお礼として内祝いを贈る(内祝い=出産祝いのお返し)が一般的となります。 出産祝いを頂いた1ヶ月以内くらいに内祝いを贈りましょう。

内祝いの相場

いただいた出産祝いの1/3~1/2くらいが一般的です。

10,000円の出産祝いのプレゼントを頂いたら、3,000円~5,000円くらいになります。

職場一同など複数の方から頂いた出産祝いで一人当たりにすると小額になりすぎてそれぞれに内祝いを用意できない場合は、お菓子など皆さんで分けられるものでよいそうで、元来、内祝いは餅や赤飯を配っていたそうです。

内祝いの熨斗

出産祝いやその内祝いは何度あっても嬉しい喜びごとですので水引は紅白蝶結びとなります。(結婚祝いなど一度きりが望ましい喜びことは紅白結切りとなります)

熨斗の表書きは「内祝」もしくは「ご出産内祝」となります。
当店では「内祝」にしています。
熨斗のお名前はお子様のお名前となります。難しい読み方の場合は送り仮名を付けるほうが良いでしょう。

熨斗は内熨斗(包装紙の下)にお付けしています。
内熨斗、外熨斗は地域や用途によりことなりますが、熨斗は汚れてはいけないことと、外熨斗は仰々しいということで最近では内熨斗の場合がほとんでです。もちろんご希望があれば外熨斗も承ります。



出産祝いについて